ブラックジャックの基本ルールについて

とある地域では「21」と呼ばれるブラックジャックは、大人気のカードゲームであり、そのルールも簡単です。はじめに、2枚のカードが与えられ、さらに1枚のカードを引くチャンスがあります。ゲームのゴールは単純で、自分の手持ちのカードを21に近づけるか、ぴったり21を作ること、です。

ブラックジャックの起源は、1760年代、フランスで誕生したことに遡ります。ブラックジャックでは、他のカードゲームと同様に、ジョーカーを含まないデッキを使ってプレイしますが、カードの強さには若干の違いがあり、エースは1か11で、J、Q、Kなどのフェイスカードは10となります。

また、ブラックジャックのゲームには、それぞれ最大ベット額が設定されています。プレイヤーはディール開始時に毎回ベットするチャンスがあり、ゲーム開始後のキャンセルや変更はできない、という決まりになっています。